東京のクリニックで目頭切開をして目がぱっちりになった

一重がいやだ

目頭切開 東京二重まぶた

私のコンプレックスは、兎に角目が一重で和風な顔ということです。
ぱっちりとした外国人風の顔に憧れが有りましたし、学生時代から男子にキツネと馬鹿にされたりしてコンプレックスになっていました。
このコンプレックスはなかなか解消することが出来ませんし、アイプチをしても目頭にある蒙古ひだがあって上手くいかないのです。
蒙古ひだというのは、日本人に多く見られるアジア系人の特徴でもあるのですが、ぱっちりしている目の人には有りませんし、常に気になっていました。
色々調べてみると、二重手術をしたいと思ったのですが、私の場合は目頭も切開しないと不自然になったりぱっちりしないのではないかと思い、美容クリニックで相談してみる事にしました。
まだ手術をするという心構えも有りませんでしたが、どういった方法でいくらぐらいかかるのかという事が気になったから相談しようという事です。
東京には色々な美容クリニックが有りますがお値段も幅も結構あります。
保険が適用されないので高額になるのはしょうがないですが、これだけ幅が有ると安く済ませたいと持ってしまうものです。
しかし口コミを見ていると安いという理由だけで決めて後悔したという声もあったので、ランキングなどを参考にしてバランスの取れている所に決めてカウンセリング予約をしました。

一重がいやだ : 丁寧なカウンセリング : 憧れの二重