東京のクリニックで目頭切開をして目がぱっちりになった

憧れの二重

一重がいやだ : 丁寧なカウンセリング : 憧れの二重

医師とも面談をして、目頭切開と瞼も切開法を使って手術を依頼する事にしました。
結局予約がたまたまあいているのでその日のうちに行う事にしたとたん、手術への恐怖というのはだんだん高まってしまい、やはり怖いので静脈麻酔を選択しようかなと思ってしまいました。
なので実際にどのように行ったのかという事は感覚としては分からないのですが、時間的にも思っていたよりもかからず終わりました。
手術が終わると目は結構腫れていて焦りましたが、どちらにしても抜糸をしなければならないので通院の必要も有りますし、ダウンタイムもそこそこかかるのでサングラスをして帰りました。
他の人と比べて腫れすぎているということは無いという事だったので一安心です。
家に帰ると痛みは少し出てきましたが、痛み止めを処方してもらっていたので眠れないような痛みではなかったです。
抜糸も済ませて今は自分のなりたい目になる事が出来て満足できていますし、コンプレックスも解消できました。

二重全切開と目頭切開から2週間が経ちました👁💉 https://t.co/N4Aqpn7iSn #銀座TAクリニック pic.twitter.com/UXc7AuRlqi

— 妹尾ユウカ (@yuka_seno) 2019年3月14日